スーパーウーマン、ルー・ヤン

スーパーモデルからデザイナーへ。ルー・ヤンの挑戦

タイムアウト

- シェア -

中国・江西省出身のルー・ヤンは若くしてモデルの才能を開花。パリコレクションのランウェイを闊歩し、中国初の国際的なスーパーモデルとして大きな成功を収めてきた。現在ヤンは次なる挑戦、自身が手がける高級ブランド「Comme Moi(コム・モア)」に取り組んでいる。このブランドではヤンが感じたこと、そして大胆なスピリットを表現。最近では、インターナショナル・ウールマーク・プライズ(IWP)アジア地区予選の審査員も務めた。今回のヤンへのインタビューでは、スーパーモデル/ファッションデザイナーとしての舞台裏に迫るものとなった。またスケッチをせず進めるという、デザインについての考え方についても話してくれた。

私らしく

今あなたのキャリアのなかで目指すものは何ですか? 現在の仕事では何が好きですか?

モデルの仕事はある程度極めたところで、変化を求めていました。ちょうどそういうタイミングだったのですね、思う通りに進んでブランド立ち上げまで行いました。仕事で一番ワクワクするのは、最新コレクションのサンプルを初めて見る時です。

今はどこにお住まいなのですか? そこで楽しまれていることを3つ挙げてください。

中国・上海をベースにしています。ここでの楽しみは、フレンチコンセッションと呼ばれるエリアのレストランで食事すること、息子と出かけること、友達と一緒に過ごすことですね。

あなたのデイリーワードローブを教えてください。

もちろんコム・モアを着ています。私が好きなのはシンプル、リラックス、そして着心地が良いこと。時々違ったスタイルをミックスして合わせています。

あなたのデイリーワードローブを教えてください。

もちろんコム・モアを着ています。私が好きなのはシンプル、リラックス、そして着心地が良いこと。時々違ったスタイルをミックスして合わせています。

これまで一番参考になったアドバイスは何でしたか?

「blue is the new black」という本が今までで一番参考になりました。ブランドの作り方や経営について書かれた本です。デザイナーとしてのインスピレーションをたくさんもらうことができました。

あなたの1日はどうやって始まりますか?

7時に起きて身支度します。それから息子を8時に起こして学校に連れて行き、仕事を始めるのは9時。仕事中はリラックスするためにジャズやポップミュージックを聞くのが好きですね。いいアイディアも浮かぶような気がします。

土壇場でも即効果が出る、とっておきの美容テクニックを教えてください。

食事は食べ過ぎずほどほどに。デトックスのためにコーヒーを飲みますが、水分は溜め込まないようにしています。美容に関しては、美容フェイスマスクを使うのが早いですね。

いいデザインは何を見れば分かりますか?

生地とカッティングですね。高品質の生地は肌触りも文句なしです。カッティングは体へのフィット感を大きく左右します。

次はどこへ旅しますか? 必ず持って行くものは?

フランスでの休暇から戻ったばかりなんです。次もおそらくフランス、パリで開かれるプルミエール・ヴィジョン(ファッション素材の国際見本市)に行きます。出張だと、携帯電話とクレジットカードは欠かせません。服でいうと、リトルブラックドレスは必需品。ハイヒール、歩きやすい靴、使い勝手のいいジャケットも持って行きます。

ブランド名、コム・モアの由来、ターゲット層は?

フランス語で私らしくという意味です。二重の意味があって、ターゲットは都会に住む25〜35才の女性。若く、自信に満ちていて、洗練されていて、個人主義。ブランドのシグネチャールックはスマートカジュアルでスポーティ、気負わない上品さをまとったリラックススタイルです。今っぽいのにクラシカル、若いのに成熟しているという風に。

ブランドやコレクションで特徴的な、核となる要素は何ですか?

ミニマルシルエット、中性的な上品さです。どのシーズンでも感じられると思います。

コム・モアのコレクションにおいて、ウールはどれほど重要な生地となっているのでしょうか? ウールからインスピレーションを受けていますか?

品質、そして快適であることは私がとても大切にしていることです。高級感を打ち出すのにウール100%の生地は必要不可欠です。ウールで作ったコートやジャケットは風合いが出ますし、身にまとうと美しい輝きを放ちます。

もしファッションを仕事にしていなかったら、何をしているでしょうか?

地元で会計士にでもなっているのではないでしょうか。大学では会計学を学んでいたんです。

こちらもおすすめ