Asger Juel Larsen

インターナショナル・ウールマーク・プライズ2014/15 メンズウェア ヨーロッパ代表ファイナリスト

デザイナープロフィール

- シェア -

ヨーロッパ地区大会で「羊人間(human sheep)」を思わせる真っ白なメリノファーを使ったアウトフィットを発表した後、Asger Juel Larsen (アスガー・ユエル・ラーセン) はファイナルに向けそのコンセプトをさらに発展させた。

ピュア X ワイルド

Asger Juel Larsenがデザインをするうえで重きを置いているのは、伝統を現代風にアレンジするということ。自身の名を冠したブランドを持つデンマーク出身のデザイナーがヨーロッパを代表してロンドンで行われるメンズウェア ファイナル大会に挑む。ファイナルに向けて制作したカプセル・コレクションでは、伝統の価値と上質なメリノウールを使うことによって得られる利点を考察し、そのうえで何か違うエキサイティングなものを作るという未来を見据えている。

真っ白なメリノファーでヨーロッパ地区大会で勝利を納めたラーセンは、そのコンセプトを発展させつつ、彼の定番とも言えるスポーツウェアとテーラリングを融合させたスタイルもカプセル・コレクションに入れ込んだ。

ラーセンは説明する。「羊のピュアな部分とワイルドな部分を考慮に入れつつ、できる限りオーセンティックな方法でメリノウールを使う、という考えがあったんです。」

「もちろん何か目立つものを作りたかった。でも、同時に、このコレクションは販売されるかもしれない、という事も常に頭の中にあった。だから何か特別なものを作るために、生地や色の展開、サプライヤーともじっくり向き合って取り組みました。」

woolmark prize 2014/15 Asger Juel Larsen

Asger Juel LarsenのDNAに深く刻み込まれているのは絶えることなく新しい素材やテクスチャーの探求、デジタルプリント、そして人や社会に疑問を呈し、自信と陰謀を助長し、強さと虚弱性の違いを問うメンズウェアを作るという事である。Asger Juel Larsenの「病的なまでに洗練された」メンズウェアは、彼の暗いジャングルのようなアイデアによって創り出される。

ロンドン・メンズ・コレクションの初日、Asger Juel Larsenはファッション業界の重鎮が名を連ねる審査員たちの前でメリノウール・カプセルコレクションを発表し、生地の調達およびコレクションのプロモーションのサポート費用として贈られる優勝賞金100,000オーストラリアドル(約950万円)と世界の有名リテーラーでのコレクション販売のチャンスをめぐって、アジア代表のSISE、オーストラリア代表のSTRATEAS.CARLUCCI、インドおよび中東代表のThe Emperor 1688、そしてアメリカ代表のPUBLIC SCHOOLと勝利の座を競う。

こちらもおすすめ