SISE

インターナショナル・ウールマーク・プライズ2014/15 メンズウェア アジア代表ファイナリスト

デザイナープロフィール

- シェア -

ロンドンで開催されるインターナショナル・ウールマーク・プライズ メンズウェア部門初のファイナル大会へ向け、ジャパニーズブランドSISEは世界で最もエレガントな女性からインスピレーションを受けコンテンポラリーメンズウェアコレクションを制作した。

GRACEFUL WOOL

アジア代表は2010年に日本のファッションシーンに突如現れたメンズウェアブランド SISE(シセ)。文化服装学院卒業後、デザイナー松井征心はモダンでシンプルなSISEスタイルを作り上げた。ミニマルなデザインはその完璧とも言えるテーラリングによって完成される。

黒や白、グレーといったベースカラーに明るい色を差し色として取り入れていることが多く、そのシンプルに抑えられた色使いがデザイナー松井征心によるディテールの美しさを際立たせる。

Woolmark Prize SISE Sketch

2015年1月9日ロンドン・メンズ・コレクション初日に開催されるファイナル大会に向けてSISEが目をつけたのはグレース・ケリー。レディースファッションのアイコンをコンセプトに作り出すメンズウェアのコレクション。SISEによるメリノウールのモダンな解釈を表現する。

「グレース・ケリーは20世紀を生きた芯の強い女性。彼女がもし今生きていたら、そして彼女が女性ではなく男性だったら、どんなふうに今を生きて、何を着るでしょうか。」

「今回のカプセルコレクションでは、デザイン、生地、そしてメリノウールという繊維を通してこのコンセプトを表現したかったのです。」

インターナショナル・ウールマーク・プライズのカプセルコレクション制作には、それぞれのアイテムがメリノウール80%以上であること、という条件が含まれている。さらに、繊維の混率や品質など ザ・ウールマーク・カンパニーの基準をクリアしなくてはならない。新しいテクニックを駆使するのもさることながら、生地の選択も重要なポイントとなる。

2014年7月に行われたアジア地区大会では、メルトン・メリノウール素材を使ってレイヤードの多次元的なコレクションを創り出し、フォレストグリーンのテーパードパンツとレイヤードジャケット2枚の組み合わせを発表。ファイナル出場の座をつかんだ。

こちらもおすすめ