STRATEAS.CARLUCCI

インターナショナル・ウールマーク・プライズ2014/15 メンズウェア オーストラリア代表ファイナリスト

デザイナープロフィール

- シェア -

デビューから約3年にしてオーストラリアで最も新進レーベルの一つとなったSTRATEAS.CARLUCCI (ストラテアス.カルルッチ)。メルボルンを拠点にするこのブランドは、ロンドンで行われるインターナショナル・ウールマーク・プライズのメンズウェア部門ファイナルでオーストラリアを代表するだけではなく、3月に行われるウィメンズウェア部門ファイナル出場の座もつかんだ。

Indigital

オーストラリアのデザイナー ピーター・ストラテアスとマリオ・ルカ・カルルッチによるSTRATEAS.CARLUCCIがメンズウェア部門、ウィメンズウェア部門の両部門において地区大会を制したブランドとしてインターナショナル・ウールマーク・プライズの歴史にその名を刻んだ。

6か月の準備期間を経てSTRATEAS.CARLUCCIの目は国際的な栄光と、世界の主要なファッションリテーラーで自らのコレクションを販売する機会を懸けて戦う地、ロンドンを見据えている。

STRATEAS.CARLUCCIのアウトフィットは、レーベルのDNAに組み込まれた繊細な作り込みとテーラーリングに加え、実用的な要素も採用しミニマルで構造的なスタイルによって時代を超えた服を創造している。

樹脂でコーティングされたメリノウールを使用し、INDIGITAL (インデジタル)と題したSTRATEAS.CARLUCCIのウールマークコレクションは、オーストラリア先住民アーティストのエミリー・カーメ・ウングワレーからインスピレーションを受けた地区大会の作品を発展させたものになっている。

woolmark prize 2014/15 STRATEAS.CARLUCCI

「カーメ・ウングワレーの作品はユニークで、その主題と図像は彼女の部族に深く根付いている。一方で彼女の絵のスタイルは、先住民アボリジニの芸術の伝統的なスタイルからの脱却を図ったものになっている。」

「その流れるような自由な筆の運びや、染料を多く使う陰影のある作品から彼女のペインティングスタイルは ‘gestural abstractionism (ジェスチュラル・アブストラクション)’ と表現されます。僕たちはそのアイデアに惹きつけられたんです。この『伝統vs現代性』という概念から更なる二項対立の探究へと導かれ、生地やシルエットそしてこの2つの概念が共存する方法を追求しました。」

ロンドン・メンズ・コレクションの初日、STRATEAS.CARLUCCIは優勝賞金100,000オーストラリアドル(約950万円)と世界の有名リテーラーでのコレクション販売のチャンスをめぐって、アジア代表のSISE、ヨーロッパ代表のAsger Juel Larsen、インドおよび中東代表のThe Emperor 1688、そしてアメリカ代表のPUBLIC SCHOOLと勝利の座を競う。

こちらもおすすめ