ウールファッションショー開催オープニングセレモニーに仔羊も登場

ファッションニュース

- シェア -

ザ・ウールマーク・カンパニーは、2017年10月18日(水)~31日(火)に開催された第13回GINZA FASHION WEEKに協賛し、銀座にある主催者店舗の松屋銀座・銀座三越・和光・東急プラザ銀座と共に、銀座の街でウールファッションを盛り上げるプロモーションを展開。オープニングセレモニーでは、これまでにないウールファッションショーが開催された。

写真左から: 松屋銀座 川合晶子取締役 執行役員 本店副店長、三越銀座 吉弘哲夫営業統括部長、和光 安達辰彦代表取締役社長、女優 本田翼さん、東急プラザ銀座 雨宮浩太郎総支配人、GINZA SIXリテールマネージメント 桑島壮一郎代表取締役社長

「Luxury Merino Wool×Ginza Fashion Week」をテーマとした第13回GINZA FASHION WEEK。ザ・ウールマーク・カンパニーは日本のラグジュアリーファッションの中心地である銀座のファッションを盛り上げる今キャンペーンをサポートし、ラグジュアリーファッションに欠かせないプレミアムな天然素材であるオーストラリア産メリノウールの魅力を伝えた。今回は会期前日となる10月17日(火)にオープニングを記念し、GINZA SIX 2F 三原テラスにて、オープニングセレモニーを開催。その一環として、ザ・ウールマーク・カンパニー協賛によるウールの魅力を伝えるこれまでにないウールファッションショーが行われた。

KuRoKo inc.プロデュースによるウールファッションショーには、上記4店で扱いのあるポール・スミス (Paul Smith)、ビューティフルピープル (beautiful people)、アキラ ナカ (AKIRA NAKA)、マーガレット・ハウエル (MARGARET HOWELL)、クルチアーニ (Cruciani)、タロウ ホリウチ (TARO HORIUCHI)、アクリス (AKRIS) の8つのハイエンドブランドが参加。メリノウールをふんだんに使用した20のルックを着たモデルがランウェイを歩き、百貨店のVIPクライアント、百貨店のジェネラルマネージャー、インフルエンサー、メディアなど200名の観客を魅了した。

ショーのフィナーレにはロエベ (LOEWE) による上質なメリノウールのファッションを身にまとったラグジュアリーな本田翼が登場。その後のオープニングセレモニー内のトークイベントでは、本田翼が仔羊と一緒に現れ、ウールにまつわるトークを展開。ウールファッションの素晴らしさを伝えた。

キャンペーン期間中は、参加4店にて、62ブランドがウールを魅せるウィンドウディスプレイやPOPを展開。また、羊のフィギュアを探すとオーストラリア旅行が当たる “FIND THE SHEEP!” ハッシュタグキャンペーンも実施された。トータルで約150万人が来場、600万を越えるデジタルリーチを達成し、ウールの魅力を余すことなく伝えた。

こちらもおすすめ