ザ・ウールマーク・カンパニー×Marmot

革新的な新素材、ウール中わたを使用した「woolwrap」誕生

スポーツ

- シェア -

ザ・ウールマーク・カンパニーのサポートにより、ウールの持つ保温性、吸放出性、吸湿発熱性などの高い機能を活かした第3のインサレーションとしてウールの中わたを使用したシリーズ、「woolwrap」がアルパイン・ブランドMarmotから新提案された。

【ザ・ウールマーク・カンパニー 協力の動画は下記よりご覧いただけます】


「woolwrap」は、天然素材のウールが持つ「保温性」「汗をマネジメントする吸放出性・吸湿発熱性」を活かして開発された、ダウン、化繊に続く第3のインサレーション(外からの寒さを遮断する断熱素材)、ウール中わたを使用した新しいシリーズだ。ウールにエコ素材のポリ乳酸(とうもろこしリサイクル繊維)を加え、かさを増すことで、より多くの空気を取り込み「保温効果」が高められた。株式会社デサントが手掛けるアメリカのアルパイン・ブランドMarmotは、暖かくムレにくい、この新しいインサレーションを採用することで、秋冬シーズンのトレッキングをより快適に楽しむことができるウェアの開発を実現した。

「woolwrap」シリーズの商品として、ジャケット、ベスト、ネックゲーターが登場。中心価格帯は¥4,600~¥24,000(税抜き)となっている。

【ウールとアウトドア】

天然素材である羊毛の表面には「縮れ」「スケール(=うろこ)」が見られる。その「縮れ」「スケール」が様々なパフォーマンスを発揮。例えば「縮れ」は、わたになった状態にも残るので、より多くの空気を蓄え、保温性を高めることができる。そして、吸湿発熱性、水分を吸収したり放出したりする吸放出性により、汗をかいたり、汗が止まったりを繰り返すアウトドアのような環境下でも、水蒸気や汗をマネジメントする素材として、快適さを得ることができる。

【Marmot(マーモット)について】

Marmot(マーモット)は、アメリカ、カリフォルニア大学でアラスカ氷河を研究する二人の学生 エリック・レイノルズとデイヴ・ハントリーにより、1974年に誕生いたしました。

ダウンを使用したウェアとスリーピングバッグを皮切りに、アウトドア業界で初めて『Gore-Tex®』を採用するなど、アウトドア・フィールドにおける快適性を真摯に追求し、アルパイン・ブランドとして世界中の人々から信頼され続けているブランドです。

Marmot(マーモット)公式HP: http://www.marmot.jp/

こちらもおすすめ